長年の癖と決別の日は近い?!

この最近のレッスンにて。

先生から、「回転するときの右肩の癖が出なくなってる!こないだの発表会のときと全然違う。」と言われました。

右肩の癖というのは、すぐ上がってくる、前にきすぎたり後ろにいきすぎたりしてニュートラルな位置にもってこれない、というもので、回転するときに特に奇怪な動きをしていたというものです。それが出なくなっていると!

この肩の悩みは10年ちょっと前にバレエを再開したときから続いていて、たぶんパソコン仕事(マウスをほぼ1日中使う)により時間をかけて凝り固まってきたことが原因なんだと思いますが、上がるんだから下げようとしても、前に来るから開こうとしても全く直らないどころか悪化するばかり。そのせいでバランスが崩れるのはわかっていたのですが、マッサージしても整体にいってもストレッチしてもコアトレーニングしてもなかなか普通の状態にならなかったのです。骨かと思うくらい固いと言われたこともあるくらい。

これは、この癖を直そうと意識してやっていることが違っている、むしろ逆効果なんだと思うので、発表会が終わり、少々迫力などが落ちても体の作り直しができるこの期間に直してやろうと、仕事でも家でもバレエのときも、今までと違う意識を持って過ごすようにしていたんです。それが効いてきたということかもしれません!!

とはいえまだまだ固さは残っています。今までと違う位置に入り始めた肩には、動かす角度によって痛みが出ますが、様子を見ながらいろいろ調整。そして時と場合によっては腰や右の膝や左のお尻に痛みを感じることもありますが、どれもこれも、これまで変える必要があると感じながらも変わってこなかった部分たち。それらが動いている証拠だと思うので、引き続き慎重に癖取りを続けます!

この癖がとれたら、できることが増えて少しは綺麗に見えるようになるはず♪

応援のクリックをお願いします↓♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ


コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。