「古典芸能と現代芸能は相互に作用している」by ヤマカイさん

松浦景子さんの活動をきっかけにいろんな方が議論されている、バレエの捉え方について、ユーチューバーのヤマカイさんも動画でコメントされていました。冷静に多角的に見ていらっしゃるんだなあと思ったのですが、中でもとても腑に落ちたのが、「古典芸能と現代芸能は相互に作用している」という見方でした。

古典の舞台や本気でバレエに取り組む人ををたくさん見ているからこそわかる松浦さんのネタのツボがあるし、反対に、松浦さんの活動でバレエを垣間見た人は、何も知らなかったときよりプロの舞台を見てみようという気になりやすいんじゃないかなと思うのです。見た上でどう感じるかはもう人それぞれでしょうけど、こういう世界があるということを認知している人が増えることになれば、大きな第一歩が出せたことになるのではないかなと。

本物の古典を見て、もしかしたらつまらないと感じる人もいるかもしれないけど、本物の凄みに気づく人もいるはず。そして、プロの方たちが何よりも大切にしているその本物のファンも増えていくことになるのではないでしょうか。

長い時間をかけて育まれた古典だからこそ、瞬発的に人気が高まるようなことにはなりにくいかもしれません。少しずつ見識が広まって深まって根付いていくのだと思うのですが、それは古典を愛して職業とされている方たちが頑として守り続けてくれているおかげ。だから、安心して、間口を広げることをしてみようという活動ができるのかもしれません。

確立されていないものは、広めようにも広められないでしょうから。

応援のクリックをお願いします↓♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ


コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。